有限会社図南京風もつ処越後屋

福岡市中央区の有限会社図南(となん)のもつ鍋屋【越後屋(えちごや)】。博多名物のもつ鍋を通販でも。求人・アルバイト募集中。

  • 京風もつ処越後屋01
  • 京風もつ処越後屋02
  • 京風もつ処越後屋03
  • 京風もつ処越後屋04
  • 福岡県産和牛もつ

    福岡市のもつ鍋屋【越後屋(えちごや)】は博多区博多駅前・中央区今泉に店舗を構え、創業以来20数年、お客様に愛されて参りました。
    越後屋の売りはなんといっても素材の良さ、鮮度にあります。
    現在でもこの点はこだわっている重要な要素であり、サイドメニューの数、及び完成度、どれをとっても真のもつ処として全国の皆様方にご贔屓にしていただいております。

    もちろん、通信販売にも対応しておりますので、博多名物のもつ鍋を全国の皆様に味わっていただくことが可能です。
    博多に来られた際は、メニュー豊富な今泉2号館、落ち着いた雰囲気の博多駅前本店、隠れ家的な今泉1号館で、当店の自慢のもつ鍋をどうぞご堪能ください。

越後屋の秘密

今から20年ほど前、博多では、味噌味・しょうゆ味のスープでもつを煮、キャベツやニラなどの具を山盛りにした状態で鍋を提供するお店が主流でした。
そんな中、当店は、京都から取り寄せた白味噌仕立てのスープでもつを煮、ニラを鍋の中心に一列に並べ、その上に鷹の爪を一直線に飾り、傍らに揚げ豆腐を添えるという、これまでにないオリジナルの味わいと美しい盛り付けのもつ鍋を提供し、多くのお客様に愛される一軒となりました。

今も、当店のもつ鍋で使用するもつは、福岡食肉市場関係者と信頼関係を結ぶ店主が、赤物・白物(※1)共に、一番状態の良い素材を見極めて仕入れ、丁寧に磨き(※2)をかけています。
そのこだわりから生まれたもつ鍋は多くの方に支持され、芸能界の中でも肉に造詣が深いことで知られる寺門ジモン氏も絶賛。
「博多で一番」と言っていただいたことが縁で、店主と20年来の仲となり、寺門氏がプロデュースするイベント”グルメ祭り”に出店させていただき、全国の方に当店の味を知っていただく機会を得ました。
これからもお客様に愛され、訪れてくださった方がまた誰かに紹介したくなるような店づくりを、スタッフ一同、目指して参りたいと思っております。
博多・天神の両店で、当店のもつ鍋を心ゆくまでお楽しみくださいませ。
>>越後屋のメニューはこちらから

※1…「赤物」とは、牛サガリ、牛カクマク、牛タン、ツラミ等の部位を指し、「白物」は、小腸、大腸、シマ腸といった部位を指します。
※2…「磨き」とは、もつの余分な脂、汚物、スジなどを、きれいに取り除く作業のことです。
  • 京風もつ鍋とは

    鮮度にこだわり、毎回『福岡食肉市場』から直に仕入れた『もつ』から出る旨味が、
    西京味噌仕立てのスープに溶け込んでまろやかなコクが生まれます。

    鮮度の良い『もつ』は食感、油の旨味が他とは違い、20数年多くのお客様方にご支持をいただいております。
    また、野菜は福岡産にこだわり、キャベツ、ニラ、ゴボウ等は、甘味や香りにこだわったものを使用しています。
    越後屋のもつ鍋は、下記で紹介する物が全て合わさって格別なもつ鍋となっております。

  • もつ

    もつ

    鮮度の良いもつから小腸の甘味、バターのような大腸の脂がスープに溶け込み、甘さを増します。

  • 豆腐

    豆腐

    京風みそ仕立てのつゆ(甘味があります)に合うよう、絹ごし豆腐の中には香り、辛味がよくなる九州産柚子胡椒を入れて揚げております。

  • 野菜

    野菜

    福岡産にこだわった、キャベツ、ニラ、ゴボウなど。
    甘味や、香り等が最大の特徴です。

  • 味噌

    味噌

    京都から取りよせるこだわりの『西京味噌』を数種の味噌とブレンドします。こうしてできた秘伝のスープはより香り高く、よりマイルドな旨味が楽しめることと思います。

越後屋からのお知らせ

  • ホームページがリニューアルいたしました。

    当店のホームページがリニューアルいたしました。
    これからも【越後屋(えちごや)】をよろしくお願いいたします。

今泉2号店店内風景